Take4 sails on you

変換モードによる辞書の切り替えもチェック

言語バーのツール→プロパティ→「辞書・学習」でシステム辞書の確認ができます。変換モードによって有効かどうかが決まるので、自分でよく使うモード(一般辞書)でも有効になるように設定するとスムーズになります。
パソコンに備わっているシステム辞書の存在を知らないで使わないでいる場合があります。これらは自分で使えるように準備が必要なので、その方法を確認してください。

(変換モードで使われるシステム辞書)
一般辞書 標準辞書
人名・地名辞書 標準辞書/郵便番号辞書/単漢字辞書/
話し言葉優先辞書 標準辞書/話し言葉顔文字辞書
設定すれば使える辞書 カタカナ語英語辞書/記号辞書/文字コード一覧

クリックして、変換モードを切り替えます。

言語バーのツール→プロパティ→「辞書・学習」をクリックします。IME で用意されているシステム辞書は、変換モードによってどれが有効になるか決まります。システム辞書を使う状態は、[辞書の設定] の変換モードのチェック ボックスをオン/オフして指定します。
[一般] チェック ボックスをオンにすると、[システム辞書] ボックスで選択したシステム辞書が「一般モード」で変換に使用されます。変換 キーを1回押したときに表示される変換結果には、その変換モードで使用されている辞書の単語が使われます。

[人名/地名] チェック ボックス、[話し言葉優先] チェック ボックスも同じように、「人名/地名モード」、「話し言葉優先モード」で選択したシステム辞書を変換に使用するかどうかを指定します。
他のシステム辞書を追加するときは、
[追加] を選択します。
[システム辞書の追加] ダイアログ ボックスが表示されます。
追加する辞書ファイルをクリックし、[開く] をクリックします。
[システム辞書] のリストに表示されます。
追加した辞書を変換に使用するには、[辞書の設定] の変換モードのチェック ボックスをオン/オフします。
システム辞書を削除すると、その辞書の単語は変換結果にも候補一覧にも表示されなくなります。

郵便番号から住所を導くとき、次のようになります。

郵便番号辞書は、市町村合併や町名変更に伴う新しい辞書はマイクロソフトのサイトから更新情報を検索して、アップデートすることをお奨めします。
[辞書の情報] をクリックすると、選択した辞書の辞書名、ファイル名、バージョンなどの情報を確認できます。